目的で探す

ココカラMAPボタン
LANGUAGE
所により曇り

石垣島の天気

気温
32℃

【世界遺産】奄美大島、徳之島、沖縄本島北部及び西表島

  • 八重山
  • スポット

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」は2021年、7月26日に、世界遺産登録が決定した世界自然遺産です。
日本にある世界自然遺産4件(屋久島・白神山地・知床・小笠原諸島)に続き、5番目の世界自然遺産として、ユネスコ第44回世界遺産委員会により登録が決まりました。日本では24件目の世界遺産であり、世界自然遺産としては小笠原諸島以来10年ぶりの登録決定です。
今回登録が決定したのは、鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄本島北部(国頭村、大宜味村、東村)と西表島の4島、5地域からなる世界自然遺産です。
登録地域の面積は4万2,698ヘクタール。内訳は、奄美大島1万1,640ヘクタール、徳之島2,515ヘクタール、沖縄島北部(大宜味村、東村)7,721ヘクタール、西表島2万822ヘクタール、緩衝地帯の面積は2万4,467ヘクタールです。
奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島は、大陸との分離結合を繰り返して成り立ったという過程を経ており、固有性の高い生態系があります。
この地域は、面積が日本の国土面積の0.5%に満たないにも関わらず、日本の動植物種数に対して極めて大きな割合を占める種が生息・生育しています。
絶滅危惧種や中琉球・南琉球の固有種が多く、それらの種の割合も高いのです。さらに、さまざまな固有種の進化の例が見られ、特に、遺存固有種、または独特な進化を遂げた種の例が多く存在しています。
これらのことを鑑みて、生物多様性を保全する上で重要な地域であることなどを評価し、自然遺産への登録が決定しました。
これらの地域の固有種には、進化的に独特かつ地球規模の絶滅危惧種であるEDGE種として選定されている種が20種もあり、そのうち、オキナワトゲネズミ、リュウキュウヤマガメ、クロイワトカゲモドキは絶滅危惧種トップ100種に入っています。

Arrows